2006年10月01日

遊んでしまった

今週末は仕事に燃える予定だったのに、天気予報に反して晴れたので遊びに行ってしまいました。
 
今回は地下鉄ではなく South West Trains で Lodon Waterloo へ出ます。
 
 
 richmond.JPG
 
 
 
地下鉄では "Mind The Gap" というアナウンスが有名ですが、こっちは Mind The Step です。
 
Gap もあるけどそれ以上に Step が危ないのです。
 
 
 mindthestep.JPG
 
 
Jubilee Line で Waterloo > Southwark 、ここから Tate Modern まで歩きました。
 
途中にあった建設中のビル、生で見るとかっこよさげでした。
  
 
 underconstruction.JPG
 
 
Tate Modern に到着。

 

「テート・ギャラリーから20世紀以降の作品を集めてオープンした世界最大の現代アート美術館。バンクサイド発電所の廃ビルを利用して作られた建物も話題となった。ピカソ、ダリ、ウォーホールといった現代美術の巨匠たちの作品を、風景画、静物画、裸体、歴史という4つのテーマに分けて展示している。1階入り口のタービン・ホールで行われている企画展(有料)は必見。」


 
 tatemodern.JPG
 
 
Floor 3 をじっくり鑑賞。
 
Surrealism (Surréalisme) です。
 
Wikipediaを参照すると、「シュルレアリスムは、思想的にはジークムント・フロイトの精神分析の強い影響下に、視覚的にはジョルジョ・デ・キリコの形而上絵画作品の影響下にあり、個人の意識よりも、無意識や集団の意識、夢、偶然等を重視した。このことは、シュルレアリスムで取られるオートマティスム(自動筆記)やデペイズマン、コラージュなど偶然性を利用し主観を排除した技法や手法と、深い関係にあることが多い。」 とのことです。
 
具体的には Salvador Dalí, René Magritte, Pablo Picasso, Paul Nash などなど。
 
Dali, "Metamophosis of Narcissus"
 
 
Metamophosis of Narcissus.jpg 
 
 
Magritte, "The Reckless Sleeper"
 
 
the reckless sleeper.jpg
 
 
Picasso, "Weeping Woman"
 
 
 weeping woman.jpg
 
 
Nash, "Landscape from a Dream"
 
 
landscape from a dream.jpg
 
 
どれだけ理解できたのか分からないけど、なんだかとても人生を考えさせられます。
 
人生を考えすぎたせいか、結局何も仕事をしないで寝てしまいました。
 

 
 
 
 
 


 

posted by ケンジイ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。